51回 後置詞について(1

 

本当はもっと早くやっておくべきであったと今気がつきましたが、ハンガリー語の後置詞についてご紹介します。

 

後置詞とは読んで字の如く後に置かれる単語と言う意味です。英語の勉強で泣かされた前置詞の反対と考えれば理解しやすいですね。

前置詞は「〜の」に当たる名詞の前に置かれましたが、ハンガリー語の後置詞は後ろに置かれます。

これまで対格や場所を表す表現として-ban/-ben-ba/-beなどの「接尾辞」をご紹介しました。

12162526をご参照ください。)

これら接尾辞は一言で言えば名詞の付属品でした。だから名詞の後ろにつけて単語の一部になり、

母音調和に応じて母音が変化したのですが、後置詞は独立した単語ですから

前の名詞が前母音の単語でも後母音の単語でも後置詞自体は変化しません。

また、表記上も後置詞は独立した一つの単語として書きます。

 

下記が代表的な後置詞です。

 

〜の前に(場所及び時間)

előtt

エレット

〜の後に(場所)

mögött

メゲット

〜の後に(時間)

után

ウターン

〜の上に

fölött/felett

フェレット

〜の下に

alatt

アラット

〜の横に

mellett

メッレット

〜と〜の間に

...és ... között

ケゼット

〜のために(原因・理由)

miatt

ミアット

〜によると(〜の意見では)

szerint

セリント

 

例文:

Az ebéd után megyek az irodába.

昼食の後で事務所へ行きます。

 

A madár a fa fölött repül.

あの鳥は木の上を飛んでいる。

 

Az egyetem főépülete előtt várja Tamás a barátnőjét.

大学のメインビルディングの前でタマーシュはガールフレンドを待っている。

 

Ez a busz a műszaki okok miatt nem megy tovább.

このバスは技術上の理由によりこれより先に行きません。

 

Véleményem szerint ez a csomag nehezebb mint az.

私の意見ではこの荷物はあれより重いです。

 

日本語の「〜の上に」にあたる上記のfölött25で勉強した場所を表す接尾辞-on/-en/-önとはどう違うのでしょうか。

それは前者が前に来る名詞に接触していないのに対して後者は接触した上にあることを意味します。ちょうど英語の

above onの違いと考えていただいて結構です。

 

さて、「〜の中」の意の場所を表す接尾辞には-ban/-benのほかに、「〜の中へ」を表す-ba/-be、「の中から」を表す-ból/-bőlがありました。

(この点については25をご覧ください。)場所を表す後置詞にもこれに相当するものがあります。それについては次回以降にしましょう。

 

それでは。

 

 

戻る

 

トップページ