43回 比較表現と-val/vel

 

今回は第37回で勉強した-val/velの表現と比較表現を組み合わせた表現を勉強しましょう

 まず-val/velについて忘れてしまったかたは37回ハンガリー語の接尾辞(5-val/velおよび、

39回 〜前、〜後の表現をご確認ください。

 -val/velは「~と一緒に」とか「~を使って」とか「~で」とかの使い方があることを勉強しましたが、

 比較表現と一緒に使うと、比較の対象の「差のおおきさ」を表すことができます。

 たとえば、「私はエーヴァより3歳年下だ。」といいたいときには、

 „Három évvel fiatalabb vagyok Évánál.” となります。

 

 また「このラジオはあれよりも300フォリント高い。」といいたいときは、

„Ez a rádió három száz forinttal drágább mint az.” となります。

 

 

この使い方の中でよく使われるのが、korábban「より早く」、később「より遅く」の表現(ともに副詞)です。

たとえば、

「普通列車はインターシティより30分早く出発するが、セゲドには1時間遅く着く。」

というのは、

„A személy vonat fél órával korábban indul az Inter-Citynél, de egy órával később érkezik Szegedre.”

 

となります。

 Későbbは副詞ですが後に-enがつきません。

 

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

戻る

 

トップページ