40回 形容詞の比較級と最上級(1)

 

今回は形容詞の比較級と最上級をご紹介しましょう。

 

比較級と最上級は比較的勉強しやすい学習項目です。それは表現意図が明確であり、

そのための表現形式も単純だからです。

 

さて形容詞の比較級は形容詞の単数原形に-bbを付けるとできます。

 

1)母音で終わる形容詞の場合は後ろにそのままつけますが、

-aまたは-eで終わる形容詞は最後の母音が長母音化してまたはになります。

次の例を見てください。

                     olcsó (安い)                       olcsóbb

                     népszerű(人気がある) népszerűbb

                     drága(高価な)              drágább

                     gyenge(弱い)                    gyengébb

 

2)子音で終わる形容詞の場合は-bbの前につなぎの母音-aまたは-eを入れます。

                     magas(背が高い)              magasabb

                     széles(広い)                     szélesebb

 

しつこいようですが、つなぎの母音が-aをとるか、-eをとるかは、もちろん母音調和によります。

 

 

3)下記のように良く使う形容詞の場合、例外が多いのでこの点に気をつけましょう。

 

                         kicsi(小さい)                          kisebb

                     nagy(大きい)                          nagyobb

                     jó(良い)                                   jobb

                         szép(美しい)                           szebb

                         nehéz(難しい/重い)              nehezebb

                         könnyű(簡単な)                      könnyebb

                         hosszú        (長い)                   hosszabb

                         sok(多い)                                több           

                                                   

 

さて、文法上比較の対象を表す場合、つまり「〜より」の部分を表現する場合は

接尾辞-nál-nélか、接続詞mintを使います。

次の例を見てください。

 

「ヤーノシュはペーテルより背が高い。」

               János magasabb Péternél.

               János magasabb, mint Péter.

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

戻る

 

トップページ