38回 vala-, se-等の接頭辞

 

さて今回は「だれ」、「いつ」、「だれない」、「なにない」に相当する表現をご紹介します。

 

 

 

1)接頭辞vala- について

 

vala- は日本語の「だれ」、「いつ」の「か」の部分に相当する接頭辞です。この接頭辞は疑問詞の前につきます。

ですから、次のようにたくさん作ることができます。

valaki

だれか(が)        

valami

なにか(が)

valahol

どこか(で/に)

valamilyen

なんらかの

valahova

どこかへ

valahonnan

どこかから

valamikor

いつか

valamelyik

どれか

 

                    

 更に発展させると「何かを」と言いたいときには、valamiに、「を」に相当する接尾辞 –t をつけて

valamitとしますし、「誰かと一緒に」と言う場合はvalakiに、前回勉強した-val/vel をつけて、valakivelとすれば

いいのです。

                    

                     Szeretnék vacsorázni valahol.           どこかで夕食が食べたいです。

                     Valaki keresett téged.                      誰かがあなたを探していましたよ。

 

2)接頭辞se-について

se-は否定表現です。 「だれ」、「なに」の「も」に相当します。英語の”no-„は、nobody””nowhere”のように

それだけで否定の意味を持ちますが、ハンガリー語のse-„ ”sem” という否定表現を常に伴います。

 

senki sem   

だれも〜ない

semmi sem

なにも〜ない

sehol sem    

どこにも〜ない

semmilyen sem

どのようにしても〜ない

sehova sem  

どこへも〜ない

sehonnan sem    

どこからも〜ない

soha sem    

けっして(どのようなときにも)〜ない

semelyik sem

どれでも(どちらでも)〜ない

          

 

                     Senkivel sem akarok találkozni.        だれとも会いたくありません

                     Soha sem dohányzom.                      私は決してタバコはすいません。

 

ハンガリー語を習い始めのとき、友人と二人でハンガリーの売店に買い物に行きました。

教室では「〜を(数量)ください。」とか、「全部で(金額)です。」のような表現を習ったので、

それを実践するためでした。

途中まではよかったのですが、売り子がお金の金額を言う前に何かを言ったのです。

私も友人も理解できず、顔を見合わせました。今思えば「ほかに何かご注文は?”Más valamit?”

といっていたのです。売り子の女の子は自分が何気なく言った言葉で、大の男がふたり真剣な顔で

悩んでいるのを見て、さぞ困ったことでしょう。

 こんなことが言語の勉強の中では次々起こります。それが楽しくもあり、悩ましくもあります。

 

それでは。今回はこの辺で。

 

 

戻る

 

トップページ