36回 ハンガリー語の時刻の表現(2

 

前回ハンガリー語の時刻の表現をご紹介しました。(復習でしたら35回 ハンガリー語の時刻の表現(1)をご参照ください。)

前回の表現の仕方で基本的な時刻は表現することができます。前回ご紹介した方法はデジタル方式です。つまり電子レンジについている

デジタル表示の時計のように、10時半を「1030分」として表現する方法でした。ですから60までの数さえ分かれば全部表現できます。

しかし、日本人でも「1030分」は「10時半」というのが普通ですよね。

つまりアナログ方式(文字盤を見て話すタイプ)の表現方法が一方で存在しているのです。

もちろんハンガリー語でも一般的に使われています。

 

今回はアナログ方式の時刻の表現方法と、「〜時に」という表現をご紹介します。

このアナログ方式の時刻の表現方法は、気をつけなければいけない点があります。

 

 

1)アナログ方式の時刻表現法

ハンガリー語で「〜時」、または「〜時間」のことを óra(オーラ)といいます。ですから1時はegy óra2時はkét óraとなります。

と以前ご紹介しましたが、「〜時半」を表す表現はfélです。félはそもそも半分という意味です。ちょっと話がそれますが、妻を表すハンガリー語はfeleségです。

自分の半分という意味なのでしょうか。(英語でもbetter halfなんて表現がありますね。)

ハンガリー語の「〜時半」はfélの後に数字を入れます。そうすることで「〜時半」の表現を作ることができます。

ただし、日本で言うところの1時半はハンガリー語ではfél kettő 2時半はfél háromになります。

つまり、「1時半」が「半 2」という形になるのです。

1番目の時間

 
 


なぜこうなるのでしょうか。この原理は次の説明をご参照ください。

12

 
時計の文字盤を見ると真上の「12」から「1」までの間は「一番目の時間」ですよね。

この「一番目の時間の中にある30分」と考えると「1230分」はfél

1

 
egyとなります。

したがって、同じような考え方で1時半はfél kettő2時半はfél háromになるのです。

 

この考え方は実はロシア語やチェコ語など、周辺のスラヴ系の言語にもあります。

 


また日本語にはないのですが、15分が一つの単位として存在します。

これはハンガリー語でnegyedといいます。この言葉が「4」すなわちnégyから

できているといえば「四分の一」のことかと察しのつく方も多いでしょう。

ですから45分はháromnegyed となります。(これは一語です)

 

345分は háromnegyed négy 4時45分は háromnegyed öt となります。

 

このアナログ方式の表現は現在でも非常に良く使われます。

この表現になれたらハンガリーの生活にも慣れてきたと考えていいでしょう。

 

 

2)「〜時に」の表現

 

さて、時刻の表現を使うのは主として誰かとの約束や、予定を言うときに「〜時に…をする。」という形で使いますね。

ハンガリー語では「〜時に」という表現は接尾辞 –korを付けて作ります。

下記をご参照ください。

 

「朝7時に朝食をとります。」            Reggel hét órakor reggelizem.

 

「朝7時半に出発します。」                Reggel fél nyolckor indulok.

 

「午前1020分に授業が始まります。」     Délelőtt tíz óra húsz perckor kezdődik az óra.

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

戻る

 

トップページ