35回 ハンガリー語の時刻の表現(1

 

実際の生活の中で人との待ち合わせの場合には月、日、時刻の表現は重要です。

19回で月、日の表現をご紹介しました。今回はハンガリー語の時刻の表現をご紹介します。

今回の勉強の前に6回ハンガリー語の数字の表現19回のハンガリー語の月、日の表現もご参照ください。

 

 

1)時刻の表現の基本

ハンガリー語で「〜時」、または「〜時間」のことを óra(オーラ)といいます。ですから1時はegy óra2時はkét óraとなります。

下記をご覧ください。

 

1

egy óra

7

hét óra

2

két óra

8

nyolc óra

3

három óra

9

kilenc óra

4

négy óra

10

tíz óra

5

öt óra

11

tizenegy óra

6

hat óra

12

tizenkettő óra

 óraは「〜時」の意味のときはもちろん、「〜時間」の意味の場合も複数形にはなりません。数字と結びついた名詞は常に単数形です

詳しくは7回 ハンガリー語の名詞・形容詞の複数形(2をご確認ください。)

 

ハンガリー語の「分」はperc(ペルツ)です。ですから1030分をデジタル表示の時計のままで表現する場合は、

 

tíz óra harminc perc

 

となります。

 

なお「今何時ですか?」という表現はHány óra van? です。

 

 

 

2)午前、午後等の表現

 

さて、次に一日の時間帯についてご紹介しましょう。一日の時間帯の表現としては次のようなものがあります。

 

reggel

délelőtt

午前

délben

正午

délután

午後

este

夕方

éjjel, éjszaka

 

これらは時間の表現と一緒に使われることも多いです。

たとえば、朝の810分は”reggel nyolc óra tíz perc”、夜の810分は”este nyolc óra tíz perc”です。

 

 

ハンガリー語にも「〜時半」という表現があります。これについては次回としましょう。

 

実は今回ご紹介した内容は基本的なことではありますが、それだけではあまり使い道がありません。

というのは、時刻の表現で一番良く使うのは「明日の3時に何かをする。」というような表現ですが、

この「〜時に」の「に」の部分が今回ご紹介した中には入っていないのです。

この場合には-korという接尾辞を付けなくてはいけないのですが、これについても次回ご紹介することとします。

 

それでは。

 

 

 

 

 

戻る

 

トップページ