34回 所有接尾辞(3

 

さて、今回も所有接尾辞のお話です。今回は所有物が複数の場合をご紹介します。

基本的な考え方は主語が単数の場合と全く同じですから、「32回 所有接尾辞(1)」と「33回 所有接尾辞(2)」をご参照ください。

 

まず、名詞の複数形の作り方を思い出してください。複数形は単数形の後に-kをつけるのでした。(詳しくは47をご参照ください。)

たとえば、次のようになります。

autó         autók

könyv      könyvek

 

これに所有接尾辞を付ける場合、-kの部分を-iに変えます。そしてその後に人称の部分を付け足すと考えてください。

 

ですから、上の例で行くと次のようになります。

autó         autók          autóim           私の車(複数)

könyv      könyvek      könyveim       私の本(複数)

 

 

ただし、複数形のつなぎの母音は必ずしも複数の所有接尾のつなぎの母音とは同じではありません。

それどころか、この二つは違う場合が多く、ハンガリー語を習得する上で慣れなければならないところのひとつです。

たとえば

 

lakás      lakások       lakásaim

 

となります。後母音の単語の場合、このような例が多くあります。少々厄介ですね。

 

 

さて、所有主と所有物の一覧を作ってみました。どうぞご参照ください。

 

所有主

後舌母音の単語

前舌母音の単語

円唇母音の単語

én

autóim

 

lakásaim

biciklijeim

 

szekrényeim

cipőim

 

függönyeim

te

autóid

 

lakásaid

biciklijeid

 

szekrényeid

cipőid

 

függönyeid

ő

autói

 

lakásai

biciklijei

 

szekrényei

cipői

 

függönyei

mi

autóink

 

lakásaink

biciklijeink

 

szekrényeink

cipőink

 

függönyeink

ti

autóitok

 

lakásaitok

biciklijeitek

 

szekrényeitek

cipőitek

 

függönyeitek

ők

autóik

 

lakásaik

biciklijeik

 

szekrényeik

cipőik

 

függönyeik

 

 

「ヤーノシュは(何台かの)自動車を持っている。」という場合は次のような文になります。

 

Jánosnak vannak autói.

 

この文では主語は自動車(複数)ですから動詞も複数になっています。(前回の後半をご参照ください。)

 

同様に

「私は(何台かの)自動車を持っている。」                            Nekem vannak autóim.

「あなたは(何台かの)自動車を持っている。」                    Neked vannak autóid.

 

 

 

 

 

 

今回はこの辺で。

それでは。

 

 

戻る

 

トップページ