28回 ハンガリー語 動詞の過去形(1)規則変化動詞1

 

さて、今回から動詞の過去形についてご紹介します。

通常の言語生活を考えてみると、自分が現在形より過去形を多く使っていることが多いことに気がつきます。

つまり、「いつも何をするか」、あるいは「今日これから何をするか」よりも、「昨日何をした」、「この間何をした」のほうを話題にしている場合が多いように思うのです。

私の意見ですが、主だった動詞の命令表現と過去形ができるようになったら対象の言語習得の大きな山を越したと考えていいと思います。

 

さて、ハンガリー語の動詞の過去形には”-t”、または”-tt”が動詞の語幹の後ろにつき、さらにその後ろに人称と数を表す活用語尾がつきます。

次の例を見てください。

例:私は日本に住んでいた。(lakik

Japánban laktam.

 

lak-t-am      この中の”lak”は動詞の語幹、”-t”は過去を表す部分、”-am”は人称と数を表しています。

 

語幹に”-tt”がつく場合、つなぎの母音をつけ、”-ott””ett””ött”の三つの形のうちのどれかを選びますが、もちろんこれにも母音調和がかかわっています。

”-t”をつけるか、”-tt”をつけるかは動詞によって違いますが、そのパタンは3つあります。それは@”-t”だけをつけるもの、A”-tt”だけをつけるもの、B”-t””-tt”が混在しているもの、の三つです。

今回は上記の@とAをご紹介します。

なお、以前ご紹介した不定活用と定活用の別は、過去形においても存在します。動詞の定活用については「第21回 ハンガリー語の動詞(6)動詞の定活用について1をご参照ください。

 

@ ”-t”だけをつけるもの

 

後母音語

前母音語/円唇母音語

 

tanul

(勉強する)

kér

(頼む)

 

不定活用

定活用

不定活用

定活用

én

tanultam

tanultam

kértem

kértem

te

tanultál

tanultad

kértél

kérted

ő

tanult

tanulta

kért

kérte

mi

tanultunk

tanultuk

kértünk

kértük

ti

tanultatok

tanultátok

kértetek

kértétek

ők

tanultak

tanulták

kértek

kérték

※ ön, magaは三人称の活用をします。もちろん複数形も三人称です。

 

このパタンに属する他の動詞は語幹の末尾が-l-r-j-ly-n-nyで終わるもの、及び語幹が2音節の動詞で-ad-edで終わるものです。

具体的には次のような動詞です。

          ír(書く)、kíván(希望する)、fúj(吹く)、marad(残る)、halad(列車が走る、急ぐ)、ébred(起きる、目覚める)等

 

 

A ”-tt”だけをつけるもの

前述のようにこのグループのものは母音調和によって”-ott””ett””ött”の三つの形のうちのどれかを選びます。

さらにその後ろに活用語尾をつけます。

 

後母音語(-ott)

前母音語(-ett)

円唇母音語(-ött)

 

tanít(教える)

ért(理解する)

tölt(詰める)

 

不定活用

定活用

不定活用

定活用

不定活用

定活用

én

tanítottam

tanítottam

értettem

értettem

töltöttem

töltöttem

te

tanítottál

tanítottad

értettél

értetted

töltöttél

töltötted

ő

tanított

tanította

értett

értette

töltött

töltötte

mi

tanítottunk

tanítottuk

értettünk

értettük

töltöttünk

töltöttük

ti

tanítottatok

tanítottátok

értettetek

értettétek

töltöttetek

töltöttétek

ők

tanítottak

tanították

értettek

értették

töltöttek

töltötték

 

このパタンに属する動詞は語幹が-ítで終わるもの、語幹が一音節で-tで終わるもの、語幹が-rt-nt-sztのように(子音+t)で終わっているものです。

また語幹が二重子音の動詞のいくつかもこの部類に入ります。

たとえば、készít(準備する)、fut(走る)、választ(選ぶ)、játszik(遊ぶ)などです。

 

 

さて過去形の活用語尾をまとめてみると次のようになります。

 

不定活用

定活用

én

-am/ -em

te

-ál/ -él

-ad / -ed

ő

(なし)

-a / -e

mi

-unk/ -ünk

-uk / -ük

ti

-atok/ -etek

-átok / -étek

ők

-ak/ -ek

-ák / -ék

 

 

-alak / -elek

 

-alak / -elekは主語が一人称単数、目的語が二人称である場合に使われるものです。この点については回を改めて

ご紹介します。

 

 

戻る

 

トップページ