26回 ハンガリー語の接尾辞(4) 場所の接尾辞3

 

前回ハンガリー語の場所接尾辞についてご紹介しました。今回は場所接尾辞の使い方についてご紹介します。

主として-ba/-be-ra/-reの使い分けです。

 

前回までにご紹介した場所接尾辞をどう使うかについては、もちろん「〜の上」、「〜の中」という使い方もありますが、

「公園」、「駅」といった普通名詞を場所として使う場合には、接尾辞は位置関係ではなく、

むしろ名詞によって決まっていると考えていいと思います。

たとえば、次の例を見てください。

 

 Péter az egyetemre megy.            ペーテルは大学へ行く。

 

  Péter az iskolába megy.                ペーテルは学校へ行く。

 

 この例で違っているのは「学校」と「大学」という単語だけです。通常われわれにとっては学校と大学は大きな違いはありませんが、

ハンガリー語では接尾辞を違えて使わなくてはいけません。

 それから、「銀行へ」はbankba 「事務所へ」はirodába ですが、「郵便局へ」はpostára 「駅へ」はpályaudvarraです。

そして、方向に-ba/-beを使うものは場所を表す場合-ban/-benを使い、動作の起点を表す場合は-ból/-bőlを使います。

少々まとめてみましょう。

 

場所

〜から

〜で/に

〜へ

大学

egyetemről

egyetemen

egyetemre

学校

iskolából

iskolában

iskolába

公園

parkból

parkban

parkba

郵便局

postáról

postán

postára

銀行

bankból

bankban

bankba

pályaudvarról

pályaudvaron

pályaudvarra

boltból

boltban

boltba

図書館

könyvtárból

könyvtárban

könyvtárba

広場

térről

téren

térre

 

 

 地名について

 地名の場合も同様です。ある地名では-ra/-reを使い、別の地名では-ba/-beを使うのです。

 この法則はある程度わかっています。

 

1)「ハンガリー」およびハンガリー国内の都市は-ra/-reを使い、外国および外国の都市については-ba/-beを使う。

              ハンガリーへ        Magyarországra

              ブダペストへ        Budapestre

              日本へ                  Japánba

              ドイツへ               Németországba

              パリへ                  Párizsba

ただし、-m-n-rで終わるような都市名はハンガリー領内であっても-ba/-beを使います。

              ショプロンへ        Sopronba

エステルゴムへ    Esztergomba

              デブレツェンへ    Debrecenbe

             

2) 大陸、アジアやアメリカといった大きい意味での地方の場合は-ba/-beを使う。

 

              ヨーロッパへ        Europába

              アジアへ               Ázsiába

 

3)島の場合は-ra/-reを使う。

              北海道へ               Hokkaidóra

              マルギット島へ    Margit szigetre

 

それでは。

 

 

戻る

 

トップページ