24回 基本的な単語(4) 形容詞1

 

今回は基本的な形容詞を勉強しましょう。

形容詞の学習のポイントはたとえば「大きい」の反意語として「小さい」を一緒に覚えることです。

さて次を見てください。

 

szép(美しい)                                    csúnya(醜い)

nagy(大きい)                                   kicsi(小さい)

hosszú(長い)                                    rövid(短い)

új(新しい)                                        régi(古い)

magas(背が高い)                             alacsony(背が低い)

olcsó(安い)                                       drága(高い)

tiszta(清潔な)                                  piszkos(不潔な)

gyors(速い)                                      lassú(遅い)

világos(明るい)                                sötét(暗い)

kényelmes(居心地がよい)              kényelmetlen(居心地が悪い)

 

さて、ハンガリー語の「〜は.....だ。」という文はvanを使って下記のように表します。

vanの活用については5回 ハンガリー語の動詞(1vanをご参照ください。

 

(Én) magas vagyok.

私たち

Mi magasak vagyunk.

あなた

(Te) magas vagy.

あなたたち

Ti magasak vagytok.

彼・彼女

Ő magas.

彼ら

Ők magasak

 

 magasakmagasの複数形です。詳しくは4回 ハンガリー語の名詞・形容詞の複数形(1)をご覧ください。

 

上記の最後kényelmes(居心地がよい)に対して、反意語がkényelmetlen(居心地が悪い)になっています。

形容詞の否定的語尾が-talan(-tlan)/-telen(tlen)です。日本人にとって面白い例が次の例です。

 

ハンガリー語で「塩辛い」という言葉はsós (ショーシュ)で、その反意語はsótalan(ショータラン)「塩味が足りない」

になります。いかがでしょう。「塩が足らん」で「ショータラン」というのは少々出来すぎた駄洒落のようなのですが。

 

それではまた。

 

戻る

 

トップページ