19回 ハンガリー語の表現(月、日)

 

実際の生活の中で人との待ち合わせの場合には月、日、時刻の表現は重要です。

今回はハンガリー語の月、日の表現をご紹介します。

 

 

1)月の表現

ハンガリー語の月の表現はほぼ英語と同じです。ただし、ハンガリー語の月の表現は、最初の文字を大文字にしません

 

1

január

ヤヌアール

7

július

ユーリウシュ

2

február

フェブルアール

8

augusztus

アウグストゥシュ

3

március

マールツィウシュ

9

szeptember

セプテンベル

4

április

アープリリシュ

10

október

オクトーベル

5

május

マーイウシュ

11

november

ノヴェンベル

6

június

ユーニウシュ

12

december

デツェンベル

 

 なお「〜月に」という場合は接尾辞の-ban/-benを使います。

英語でもinを使いますよね。それと同じだとおぼえてください。

八月に         augusztusban

九月に         szeptemberben

 

2) 日の表現

ハンガリー語の日の表現は日付の数に相当する数を序数詞にし、さらにその後ろに所有格接尾辞をつけます。

「ある月の〜番目の日」と言う意味です。

たとえば4日の場合、4négyで、その序数詞negyedikになります。

さらにその後ろに所有格接尾辞をつけます。

(所有格接尾辞のことは後日又ご紹介しますが、ここでは「何かに属していることを表す印」とでも理解しておいてください。)

negyedikの場合は母音調和の関係で-eがつきます。

したがって4日という表現はnegyedikeとなります。

 

1

elseje

エルシェイェ

2

másodika

マーショディカ

3

harmadika

ハルマディカ

4

negyedike

ネジェディケ

5

ötödike

エテディケ

6

hatodika

ハトディカ

7

hetedike

ヘテディケ

8

nyolcadika

ニョルツァディカ

9

kilencedike

キレンツェディケ

10

tizedike

ティゼディケ

11

tizenegyedike

ティゼンエジェディケ

20

huszadika

フサディカ

21

huszonegyedike

フソンエジェディケ

30

harmincadika

ハルミンツァディカ

31

harmincegyedike

ハルミンツエジェディケ

何日

Hányadika?

ハーニャディカ?

 

日の表現に「〜に」という意味を入れる場合は接尾辞-on/-en/-önを使います。

英語でもonを使います。これと同じだと思ってください。

 

41」という表現は下記の通りです。

április elsején

 

 

3) 曜日の表現

ハンガリー語の曜日の表現は下記の通りです。またハンガリー語では最初の文字を大文字にしません

 

月曜日

hétfő

ヘートフェー

火曜日

kedd

ケッド

水曜日

szerda

セルダ

木曜日

csütörtök

チュテルテク

金曜日

péntek

ペーンテク

土曜日

szombat

ソンバット

日曜日

vasárnap

ヴァシャールナプ

 

「〜曜日に」の表現の場合も接尾辞-on/-en/-önを使います。

ただし日曜日だけは例外でvasárnapは「日曜日に」という意味にもそのまま使います

kedd                   kedden 

csütörtök             csütörtökön

 

それではまた。

 

 

戻る

 

トップページ