18回 ハンガリー語の動詞(5) 不規則変化動詞 megy, jön

 

今回は不規則変化の動詞の現在変化を勉強しましょう。

ハンガリー語のみならず、不規則変化の動詞は一般的に言って使用頻度の高い単語が多いです。

あくまでも私見ですが、たくさん使われているうちに言いやすい形になり、不規則になったのではないかと思います。

ですから不規則変化動詞が自在に使えるようになると「結構言葉ができるようになったな。」と感じます。

これは他人を見ていてもそうですし、自分の場合もそうです。

 

初級の段階で習得しなくてはならない不規則変化の動詞は、以前5でご紹介したvanのほかに下記の3種類です。

特にmegyjönは非常によく出てきますから、この活用をよく勉強してください。

 

 

megy

「行く」

 

jön

「来る」

 

「育つ、成長する」

 

                           

                           

 

 

 

megy

jön

Én

megyek

jövök

növök

Te

mész

jössz

nősz

Ő

megy

jön

Mi

megyünk

jövünk

növünk

Ti

mentek

jöttök

nőtök

Ők

mennek

jönnek

nőnek

 

 

 

 活用形を作るとき、「つなぎの母音」が必要な動詞

 それから、少しだけイレギュラーになる動詞もご紹介します。

それは、語幹と活用語尾の間につなぎの母音が必要な動詞です。

この仲間の動詞は@語幹の最後に二つの子音が並んでいる、Aまたは ”-ít” で終わっている動詞です。

 

           例:

                         tanít                    (教える)                        

                         ért                        (理解する)

                         választ                 (選ぶ)

                         mond                   (言う)

 

また、これらの動詞は不定形を作るときも同様に「つなぎの母音」が必要です。

 

tanít

ért

mond

Én

tanítok

értek

mondok

Te

tanítasz

értesz

mondasz

Ő

tanít

ért

mond

Mi

tanítunk

értünk

mondunk

Ti

tanítotok

értetek

mondotok

Ők

tanítanak

értenek

mondanak

不定形

tanítani

érteni

mondani

 

 

 

それではまた。

 

戻る

 

トップページ