14回 ハンガリー語の冠詞

 

今回はハンガリー語の冠詞をご紹介します。

ハンガリー語の名詞には冠詞のつく場合とつかない場合があります。

冠詞には定冠詞と不定冠詞があります。下記の表をご覧下さい。

 

 

 

不定冠詞

定冠詞

単数

egy

a / az

複数

(無し)

a / az

 

定冠詞は特定のものを表す場合に、不定冠詞は不特定のものを指す場合に用いられます。

次の例を見てください。

例)  Ott van egy könyv az asztalon.           机の上に(一冊の)本がある。

        A könyv nagyon érdekes.                    その本はとてもおもしろい。

 

定冠詞は後につく名詞の最初の文字が母音で始まる場合はazになり、

子音で始まる場合はaとなります。

 

ハンガリー語の冠詞は文法上でも重要です。

実はハンガリー語では直接目的語が定冠詞のついた名詞であるか、そうでないかによって、

動詞の活用が変わってしまうのです。この点は後日ご紹介します。

それでは、また。

 

戻る

 

トップページ