7回 ハンガリー語の名詞・形容詞の複数形(2

 

ハンガリー語の複数形の中には4でお話したような原則にそぐわない単語がたくさんあります。それをいくつかの種類に分類してご紹介しましょう。

 

1férfi一見すると前母音語ですが、実は後母音の単語で複数形はférfiakになります。

 

2)後母音語の名詞の中にも複数形の語尾が-akになるものがあります。

 

ház

házak

 

fal()

falak

 

toll(ペン)

tollak

 

 

3) 後母音語の形容詞の中にも複数形の語尾が-okになるものがたくさんあります。

 

nagy(大きい)

nagyok

 

magyar(ハンガリーの)

magyarok

 

fiatal(若い)

fiatalok

 

4) 単語の中の母音が短くなったり、脱落したりするものがあります。

 

madár

madarak

 

levél手紙

levelek

 

pohár(コップ)

poharak

 

híd

hidak

 

út

utak

 

szobor銅像

szobrok

 

étterem  (レストラン)

éttermek

 

5) 元の単語とかなり形が変わってしまうものもあります。

 

szó単語

szavak

 

lovak

 

kövek

 

 

さて英語にはないハンガリー語の面白い特徴をご紹介しましょう。ハンガリー語の名詞は数詞と結びつくと、結びついた名詞は単数形が使われ、その数の多少にかかわらず、全体で単数形として扱われます。(疑問詞”hány”も数詞に準じた形で扱われます。)ですから、「学生たち」は複数ですが、「3人の学生」は単数なのです。次の例を見てください。

 

           Diákok vannak az tanteremben.      教室には(何人かの)学生がいます。

           Hány diák van az tanteremben?       教室には何人の学生がいますか。

              Három diák van az tanteremben. 教室に3人の学生がいます。

 

戻る

 

トップページ