ハンガリー語の年末年始の挨拶

 

ハンガリーでは大体クリスマスの前から、元日までが年末年始のお休みになります。

ハンガリーにおけるクリスマスは、日本における正月やお盆のように家族で祝います。

外国人の独身者あるいは単身赴任者にとってこのときほど寂しさを感じる日はないのではないでしょうか。

ほとんどの店は休業、公共交通機関も止まり、タクシーの会社に電話をかけても来てくれるタクシーはありません。

さて、ハンガリー語のクリスマスの挨拶は

Kellemes Karácsonyt Kívánok!(ケッレメシュ・カラーチョニット・キーヴァーノク)

です。

 

それからこれからハンガリー人にクリスマスカードを書く方々へ、

Kellemes Karácsonyi Ünnepeket Kívánok!

というのが決り文句です。

 

またハンガリーでは大晦日(Szilvester)に友人たちと集まって大騒ぎをする伝統があります。

年末年始の挨拶は

Boldog Új Évet Kívánok!(ボルドグ・ウーイ・エーヴェト・キーヴァーノク)

になります。また町のあちこちにこの挨拶の頭文字をとったBÚÉKという言葉が見られます。

 

ハンガリーは元日だけが休日で2日以降は週末と重ならない限り平日になります。

だから私はいつも「ハンガリーには正月がない。」と知人には語るのです。

 

今回は番外で少々冗長なおしゃべりになり、ごめんなさい。

 

 

トップページ